星野源「POP VIRUS」特典映像のために初回限定盤を買いましょう

pop virus
スポンサーリンク

2019年2月23日、札幌ドームで行われた【星野源 DOME TOUR 2019 『POP VIRUS』 presented by NTT ドコモ 】に行ってきました。

 

札幌ドーム

 

星野源のライブは初めてだったけれど、

 

いやー 楽しかった

 

気づいたら、あっという間に3時間も経っていました。

 

ところでツアーのタイトルにもある新アルバム「POP VIRUS」、もうお持ちですかね?

これから購入を考えてるよって方は、ぜひ特典映像付きの初回限定盤をおすすめします。

 

なんなら特典映像が本体だって言ってもいいぐらい、いい出来なんです。

今日はそういう話です。

 

スポンサーリンク

 

 

2月23日 札幌ドームに行ってきた

2月23日、実はこの日次女の行事予定が入っていたので、私と妻は休みをとってスケジュールを空けていました。

ところがインフルエンザの流行で、その行事自体が別の日に延期になってしまいました。

次女は元気だったので予定がポッカリ空いてしまったんです。

 

妻は元々、次女の行事が終わったらすぐに札幌ドームへ行くつもりで、すでにチケットは購入済み。

長女はたまたま部活が休みで、調べてみると注釈付指定席ならあいてるじゃないですか。

 

よし! ドームへ行こう!

 

慌ててネットで3枚チケットを購入して、ローソンで発券しドームに向かいます。

 

待ってろ札幌ドーム!待ってろ星野源!

 

駅周辺や地下街で、妻と同じツアーグッズのバッグを持っている人を多数発見!

バッグ

 

売れたなあ 売れちまったなあ

 

 

これが こうですよ

↓↓↓

 

 

 

 

 

ぎゅうぎゅう詰めの地下鉄に揺られて、なんとかドームに到着!

 

札幌ドーム

 

お花

 

 

グッズ売り場も写真取るところも長蛇の列です。

 

写真取るところ

 

注釈付指定席ってどんな感じかと思ったら、スタンド席の中段あたり、ちょっとスクリーンが見づらいくらいで全然問題なかった。

 

ドームの中

 

ライブの内容には触れないようにしますが、めちゃめちゃ楽しかったよ。

 

そしてアリーナの花道近くで見てる人がうらやましかった。

近くで見られたら たまらんね これ!

でも激戦区だよなぁ、、、

 

アルバム「POP VIRUS」

星野源『POP VIRUS』特設サイトはこちら

星野源『POP VIRUS』 - 特設サイト
星野源 5th Album『POP VIRUS』2018.12.19 WED RELEASE

 

「風景を音に」をベースに「感覚を音に」という気持ちが加わり、僕が思う今のPOPSを詰め込んだのがこのアルバムです。これらの曲の中にあるウイルスは貴方と出会い、変容し、また別の人に伝染するでしょう。そこからまた新しい音楽が生まれるのだと思います。

出典:LINER NOTESより 一部抜粋

 

収録曲はこちら

1.Pop Virus

 

YouTube:hoshinogen official channel

 

2.恋

 

YouTube:hoshinogen official channel

 

3.Get a Feel

4.肌

5.Pair Dancer

6.Present

7.Dead Leaf

8.KIDS

9.Continues

10.サピエンス

11.アイデア

 

YouTube:hoshinogen official channel

 

12.Family Song

 

YouTube:hoshinogen official channel

 

13.Nothing

14.Hello Song

 

YouTube:hoshinogen official channel

 

POP VIRUS の特典映像

星野源 LIVE at ONKIO HAUS Studio

レコーディングスタジオ「音響ハウス」でのパフォーマンスが収められています。

収録曲はこちら

1.Night Troop

2.肌

 

YouTube:hoshinogen official channel

 

3.桜の森

4.Snow Men

 

YouTube:hoshinogen official channel

 

5.KIDS

6.SUN

 

YouTube:hoshinogen official channel

 

7.海を掬う

 

YouTube:hoshinogen official channel

 

8.恋

9.プリン

10.アイデア

11.Friend Ship

 

YouTube:hoshinogen official channel

 

定点カメラ、手持ちのカメラ、レールの上を動くカメラなど複数のカメラを駆使して、スタジオという狭い空間を感じさせない画作りになっています。

 

何より楽しそうに演奏し歌っています。

「桜の森」のイントロ部分のギター、「KIDS]でみせる踊り、「プリン」でのハマ・オカモトとの掛け合い、本当に楽しそう。

見ているこっちもほっこり癒やされます。

 

「Friend Ship」はいい曲だなぁ!!

 

BAND MEMBER はこちら

河村”カースケ”智康 (Drums)
ハマ・オカモト (Bass)
長岡亮介 (Guitar、Chorus)
櫻田泰啓 (Piano、Keyboards、Chorus)
石橋英子 (Keyboards、Chorus)
STUTS (MPC)
美央 (Violin)
村中俊之 (Cello)
武嶋聡 (Flute)
 

創作密着ドキュメンタリー 「ニセ明と、仲間たち」

星野源の友人“ニセ明”が新曲制作のためにある場所へ。
ニセ明が集めた仲間たち、雅マモルとウソノ晴臣の協力を得て、新曲を作り上げる姿に密着した抱腹絶倒の“リアル”ドキュメンタリーを収録!

 

出演しているのはニセ明、ウソノ晴臣(ハマ・オカモト)、そして雅マモル(宮野真守)。

 

いやー NHKの「おげんさんといっしょ」に出たときもそうだったけど、宮野真守はすごいよ芸達者だわ。

 

 

だらだらまったりと流れる、ニセ明と他ふたりのやりとり、ぜひ見て!

ことばでおこしても伝わらないよなぁ、、

 

これは買って見ましょう!

 

 

まとめ

特典映像はにわかの私でも楽しめるものになっています。

ファンになりたての方には特におすすめです。

 

ぜひ手にとって「POP VIRUS」に感染してください。

 

コメント