スポンサーリンク

日本語入力アプリ「Gboard」で単語登録する方法。メアドや住所を登録するのがおすすめ

スマホ
スポンサーリンク

iphoneやandroidで利用できるgoogleの日本語入力アプリ「Gboard」で、単語登録する方法を紹介します。

いわゆるユーザー辞書というやつです。

ユーザー辞書をうまく使いこなせると、入力の手間がはぶけますし、誤入力防止にもなります。

登録自体は簡単なので、ぜひ使ってみてください。

Gboard - Google キーボード

Gboard – Google キーボード

Google LLC無料posted withアプリーチ

スポンサーリンク

「Gboard」の設定画面を開く方法

まず、「Gboard」の設定画面を開きましょう。

※以下、私が利用しているスマホ、HUAWEIのp20liteの画面で説明いたします。

機種によって多少の違いがあるかもしれません。

最初にGoogle Cromeでも何でもいいので、日本語が入力できる画面にして入力欄をタップします。

crome

するとこの画面になります。

検索窓

検索語句は気にしないでね!

上の画面が表示されたら、左下の「あa」のところを長押しします。

すると下のような画面になるので、

検索窓

この画面が表示されたら長押ししている指を離します。

こちらの設定画面が表示されたと思います。

Gboard設定画面

単語を登録してみる

上の画面になったら

単語リスト

「単語リスト」をタップ

単語リスト

「単語リスト」をタップ

日本語

「日本語」をタップ

ユーザー辞書

ユーザー辞書の画面になりますので、「辞書に追加」をタップします。

ユーザー辞書

この画面になったと思います。

試しに住所を登録してみる

試しに住所を登録してみます。

ユーザー辞書

①の所に登録したい語句をいれます。

上の例は札幌駅の住所です。

②の所に①で登録した語句を呼び出すための文字を入力します。

ここでは「じ1」としました。

実際にgoogle cromeで入力してみると

入力画面

このように登録した札幌駅の住所が、候補の中に出てきます。

メールアドレスを登録してみる

次に私のメールアドレスを登録してみたいと思います。

検索窓

先ほどと同じように上段に登録したい語句、ショートカットのところにそれを呼ぶための文字を入力します。

登録ボタンのようなものはないので、入力し終わったら、赤丸のところの矢印をタップして戻りましょう。

ここでは「め1」で登録してみました。

これで日本語入力の時「め1」と入力すると

検索窓

「メールアドレス」が候補に出てきます。

どんな言葉を登録すればいいのか考えてみた

どんな言葉を登録すればいいのか考えてみました。

「Gboard」はスマホのアプリなので、スマホまたはタブレットを使用していると想定すると、シンプルにこの2つですかね。

・入力が面倒、あるいはなかなか候補に出てこない言葉
・よく使う言葉

入力が面倒なもの

入力が面倒なものの例としては

  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 住所
  • 長い会社名
  • URL

などがあると思います。

間違えると大変なものもあるので、単語登録しておくと安心です。

なかなか候補に出てこないもの

なかなか候補に出ないものとしては

  • 人名
  • 新しい言葉
  • 造語

などです。

身近にいる人の名前、会社の上司・部下の名前などは登録をおすすめします。

よく使う言葉

よく使う言葉も登録しておきましょう。

これはひとそれぞれだと思いますが、一例として

  • あいさつ、決まり文句
  • 専門用語
  • HTML言語

など、頻繁に使うものは単語登録して、時間短縮を試みましょう。

「ショートカット」 単語を呼び出す文字はどうする

登録した単語を呼び出す文字はどうしたらいいのでしょう?

これもなかなか悩ましい問題です。

登録した単語が増えてくると、それを呼び出す文字も増えていきます。

その文字をしっかり覚えていないと意味がありません。

自分でしっかりしたルールを作っていないと、管理しきれなくなってしまいます。

単語登録のルールに関してはこちらの記事が役に立ちます。

まとめ

単語登録の方法は簡単だったと思います。

難しいのは単語登録のルール作りですね。

自分にあった方法を試行錯誤して作っていってください。

アプリ系アフィリエイトでおすすめのASPはこのふたつ

私が使っている独自ドメインはお名前.com



私が使っているレンタルサーバーはエックスサーバー



どうも カンジ(@gobugobukanji)でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました