スポンサーリンク

スマホをエクスペリアAからHUAWEIのP20 liteに変えました

スマホ
スポンサーリンク
 

ついにこの日が来ました。

えっ 何がって?

この記事 IIJmioを使っています Wi-Fi環境があれば格安SIMで十分かも に書いてあるように私のスマホは未だにエクスペリアAなんです。

それがとうとう ついに やっと 新しくなったんです。

このうれしさを誰かに伝えなくてわ!

出典:吉本興業チャンネル

 

スポンサーリンク

 

 

HUAWEI P20 lite が家にやってきた

お世話になったエクスペリアA

 

今まで頑張ってきた SONYエクスペリアA君です。

発売日は2013年の5月となっているから、その少し後に手に入れたとしても5年近く使っていることになるのかな。

キャリアはもともとNTTドコモで2年ほど前にMNPでIIJmioに変えました。

ドコモをやめるときにバッテリーパックを交換したくらいで、大きな不具合もなくいまも稼働しています。

ワンセグがついていて防水仕様、カメラの機能が少し弱いかなと感じていましたが、最近のゲーム以外に不満はありませんでした。

Pokemon GOが流行ったときにインストールできず、社会からの疎外感(大げさ)を感じ機種変更を考えはじめたけれど、ズルズル先延ばしに。

ブログをはじめた頃から、スマホで写真をとってそのままgoogleフォトにアップすれば楽だよなあと思いついに決断しました。

IIJmioでSIMのサイズ変更

エクスペリアAに刺さっているのはマイクロSIMなので、P20 liteで使うためにはSIMサイズをナノSIMに変更しなければなりません。

その際手数料が2500~2600円ほどかかります。

自分でカットするのも怖いので申込みます。

手続きが済んだ翌日にはエクスペリアに刺さっていたSIMは無効になりました。IIJmioで切り替えが済んだのでしょう。

Wifiに繋がってないとネットも見れなくなったので、職場の休憩中はもっぱら麻雀アプリをやってました。

その2日後にSIMが無事到着。

 

P20 lite も IIJmio で注文

SIMサイズの変更と一緒にP20 liteもIIJmioで注文しました。
 
一括払いで一応補償も付けました。途中から補償を付けることができないようなので、1年くらいはつけておきますか。
 
SIM到着の翌日ついに本体も届きました。
 

P20 lite レビュー

 

ああ まぶしいよ 白のパッケージを開けるとこんな感じです。

中身はイヤホン、USBケーブル(タイプC)、充電器、ケース、クイックスタートガイド、SIMピン、本体。

色は悩んだ結果サクラピンクに。

 

ケースとフィルムはアマゾンで注文しました。

ケースはこちら

 
 

フィルムはこちら

 
 

調べてみるとエッジの部分が丸まっているため、ガラスフィルムは端が浮いてしまうようなので、ノングレアのフィルムを選択。

ケースはストラップホールが欲しかったのでこちらになりました。

慎重に装着したところ

 

こんな感じに。フィルムは小さめなのでケースに干渉しませんね。

サクラピンクというより肌色かしら(笑)

エクスペリアAに馴れていたからかケースがないと薄くて心配ですね。

新しいものは好きだけどまだまだアナログな私は、キーボードもマウスも有線で接続。

このスマホにはイヤホンジャックがついているのでイヤホンも有線で接続できる。

またSDカードでストレージも増やせるので、そこが気に入っています。

ブルートゥースやクラウドに少し抵抗を感じるのです。

まとめ

ブログを作るためのツールとして活躍して貰う予定なので、どんどん使い倒していこうかなと思います。
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました