スポンサーリンク

マグネットでくっつく、屋外での作業やアウトドアに適した、防水・防塵仕様のハンディライト800-LED024が便利【サンワダイレクト】

ハンディライト
スポンサーリンク

サンワダイレクトのハンディライト 800-LED024 を紹介します。

キャンプや釣り、災害時など様々な場面で活躍するLEDのハンディライトです。

こんな人に読んで欲しい
  • 夜間や暗い場所での作業に明かりが欲しいひと
  • いろいろなところに持ち出して明かりを確保したいひと
スポンサーリンク

字が見づらい、モノが見えにくいと感じたら、明かりに気を配って

かつて、小学生の頃は視力が2.0と良い状態だった私。

北海道の田舎の方に住んでいたのもあって、夜になると圧倒的な数の星が空に広がっているのを、肉眼で見ることができました。

ところが中学・高校くらいから、勉強をしすぎたのか、本を読みすぎたのか徐々に視力は低下。

星の数は減っていないはずなのに、自力で見ることができる星は激減。

自然を愛するピュアな心の持ち主になんて仕打ちなんだい。

そこからさらに歳を重ねた現在、とうとう老眼ってやつになってしまいました。

近くのものが見づらい、うまく焦点があわない…

最初は戸惑ったけれど、これが老いるということなのかと…

特にツライのが、暗いところでの作業。

以前はそれほど気にならなかったけれど、洗車に使うカーシャンプーのパッケージの裏に書いてある説明が、暗いところではよく見えない。

車の室内灯くらいの明るさでは、地図や資料の細かい字がまともに判別できないように。

そんなことを経験してわかったことは、

明かりが超重要だ!

ということ。

なにか作業がはかどらない・うまくいかいってときは明かりが不足している可能性が高いです。

そこでおすすめなのが、屋外でも使える充電式のハンディライト、サンワダイレクトの 800-LED024 です。

ハンディライト 800-LED024の外観と仕様

商品仕様

本体サイズ約幅35×奥行26×高さ×375mm
重量約176.5g
光束

最大300ルーメン

(満充電時の明るさ)

点灯時間

最大300ルーメン時/約3時間

半分150ルーメン時/約12時間

消費電力5W
内蔵バッテリ容量1800mA
充電時間約4時間
防水防塵規格IP54

用語解説

ルーメンとは?

ルーメン(lm)とは光の明るさ、量を表す単位です。

光束(光源から放たれる光が放射状に伸び、その無数の「線」が集まった集合体のこと)の量を測定したものがルーメンです。

白熱電球のワット数と比較した場合のだいたいの目安は以下の表のようになります。

白熱電球のワット数同程度のルーメン
20W170lm以上
30W325lm以上
40W485lm以上
60W810lm以上
防水防塵規格IP54とは?

IP規格(防水・防塵規格)とはIEC(国際電気標準化会議)によって定められた規格で、JIS(日本工業規格)でも採用されている電気製品の防水・防塵性能を表す規格のこと

IP54の場合、1桁めの数字の5が防塵の保護等級、2桁目の4が防水の保護等級を表しています。

  • 防塵の保護等級5は・・・「防塵形」粉塵が内部に侵入することを防止する。若干の粉塵の侵入があっても正常な運転を阻害しない
  • 防水の保護等級4は・・・「防まつ形」いかなる方向からの水の飛沫によっても有害な影響をうけない

となります。

マグネット・フック・手持ちと3WAYの便利な使い方

強力なマグネットを内蔵しているので、金属面にくっつければ両手が空いた状態で作業できるので便利です。

フックに引っ掛けて吊るせば、ランタンのような使い方も。

車の整備やアウトドアなどさまざまな場面で活躍できます。

光量は無段階調整、手元のダイヤルで簡単に行なえます

光量は手元にあるダイヤルで、無段階に自由に調整が可能です。

最大300ルーメンまでの明るさになります。

使用する環境に合わせて調節ができます。

照射方向の調整も可能。 USB充電式なので繰り返し使えます

本体の根元部分に角度調整ネジがついていて、ここを緩めるとお好みの角度に照射方向を調整できます。

本体は充電式で乾電池不要なので経済的。

充電のためには充電器かモバイルバッテリーがあったほうが良いですね。

こちらの記事を参考にしてください。

出張や旅行に最適!サンワサプライのUSB充電器 これ1つでOK

サンワダイレクトのモバイルバッテリー700-BTL028BK、ACプラグ内蔵・最大2.1A出力・大容量10000mAh

防水防塵規格IP54、薄型で隙間でも使える

本体は防水・防塵仕様なので屋外でも安心して使用できます。

キャンプなどのアウトドアに最適!

また、ライトの先端の部分は薄型なので、狭い場所に差し込んで照らすこともできるので便利です。

やっぱり明かりが大事

スマホやタブレット、パソコンなどで目を酷使している日々が続いています。

目を休めるのはもちろんですが、周りの環境も整えましょう。

目に優しい明かりを確保するだけでもかなり変わりますよ。

コメント