スポンサーリンク

高畑充希 CMでの歌声が話題 佐藤健と共演したドラマ「Q10」の思い出

CM
スポンサーリンク

高畑充希がX JAPANの紅を熱唱しているNTTdocomoのCMが話題になっていますね。

抜群の歌唱力と表情です。

女優として大活躍している彼女が、2010年に出演していたドラマ「Q10」について語りたいと思います。

スポンサーリンク

高畑充希のひととなり

まず高畑充希の出演作品などをみると、2007年から2012年までミュージカル「ピーターパン」でピーターパン役を6年間務めています。
あの歌唱力も納得です。
その後TBS「3年B組金八先生」やNHKの「ごちそうさん」などに出演。
そして2016年にはNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」でヒロインを演じるなど、女優として着実に活躍の場を広げています。
演技も歌も嫌味なくらい うまいのよね。

PVにもでてます。

竹内まりやの「元気を出して」

主演したドラマ「過保護のカホコ」の主題歌

星野源の「Family Song」ではお父さん役を


YouTube:hoshinogen official channel

Q10とは

そんな彼女が出演していた「Q10」(キュート)は、2010年10月16日から12月11日まで、毎週土曜日21時から日本テレビ系列で放送されていたドラマです。

この枠はなにげに名作が多いような。

主演は佐藤健と前田敦子。高畑充希は佐藤健の同級生の役で、同級生は他に賀来賢人、柄本時生など。

ストーリーはネタバレになるので書きません。

メインのストーリーもいいのですが、私は他の細部に惹かれたんですよね。

全体に流れる音楽、佐藤健のナレーション、劇中で使われるザクティ(ビデオカメラ)で取られた映像。

私だけですかねぇ、古い映像例えば8mmフィルムの映像とかをみると、なぜか目がウルウルしてしまう。

スコセッシの映画「ミーン・ストリート」の冒頭のフィルム映像だけでジーンとしてしまうんです。
このドラマは高校生のまだ何者でもない不安感や、自分ひとりではどうにもできないような壁にあたったときの絶望、周りに同調しなければいけないもどかしさを、うまく表現している。

楽しい青春時代を過ごせなかった自分には、毎回胸を締め付けられる思いだった。

でも観たくなるんだよね。放課後だらだらと何か起こるんじゃないかって、学校に残っている感覚というか。居心地がいいのかな。

だから今現役で青春時代を送っている 中学生・高校生には是非観て欲しい。

エンディングで流れる曲は高橋優の「ほんとのきもち」

何かしなければいけないと、自分を奮い立たせてくれる名曲です。

YouTube:高橋優オフィシャルYouTubeチャンネル

コメント

タイトルとURLをコピーしました