スポンサーリンク

ヘアドネーションって何?フィッシャーズ モトキが髪を伸ばしていたのはこのためだった!?

髪の毛
スポンサーリンク

先日、小学生の次女と一緒にお風呂に入っていたとき、次女がこんなことを言い出しました。

次女
次女

モトキがねえ 髪伸ばしてたのはねえ 寄付するためだったんだよ

話の前後に関係なく、自分の言いたいことをブッこんでくるのが次女のスタイル。

そんなことに慣れっこな私は、すぐにピン!ときましたよ。

モトキってのはYouTuberのフィッシャーズのモトキのことだよね。

最近あまり動画はみていないけれど、そういえば髪の毛を後ろでまとめていたのを見た記憶が、、、

髪の毛を寄付する、、、何か聞いたことがあるような、、、

ちょっと調べてみようかしら。

スポンサーリンク

モトキ 伸ばしていた髪を切る

まずはフィッシャーズがUPした動画を見ていただきたい。

YouTube:Fischer’s-フィッシャーズ-

動画の内容を要約すると、モトキが髪を伸ばした理由は

①新しいことを始めるため

②ヘアドネーション

この2つの理由から髪を伸ばしていたようです。

実際に美容院で髪を切っている様子が動画に収められています。

9束の髪の毛が寄付されて、なぜかシルクも一緒に丸刈りになっています。

ふたりとも頭の形がきれいで丸刈りも似合ってる。

ヘアドネーションって何?

ヘアドネーションとは

小児がんや先天性の脱毛症、不慮の事故などで頭髪を失った子どものために、寄付された髪の毛でウィッグを作り無償で提供する活動。 引用:wikipedia

活動を行っている日本の団体は主に以下の3団体のようです。

特定非営利活動法人 Japan Hair Donation & Charity

特定非営利活動法人HERO

株式会社グローウィング『つな髪プロジェクト』

今回モトキが寄付したのはこちらの団体みたいですね。

Japan Hair Donation & Charity(ジャーダック,JHD&C)|ヘアドネーションを通じた社会貢献活動
JAPAN HAIR DONATION & CHARITY(通称:JHD&C,ジャーダック)は、寄付された髪だけで作ったメディカル・ウィッグを頭髪に悩みを抱える18歳以下の子どもたちに完全無償提供している日本で唯一のNPO法人です。

こちらのサイトを見るとウィッグを提供した数、ウィッグを必要として待っている人の数が載っています。

まだまだ足りないようです。

ウィッグの素材に適した髪は

  • 31cm以上の長さがあること
  • カラー、パーマ、ブリーチヘアでもOK
  • 完全に乾いていること

引用:JHD&Cのホームページより

長さ以外はそれほどうるさくないんですね。

ちなみに『つな髪プロジェクト』では15cm以上から寄付できます。

実際に寄付してみたいなと思った方は、こちらのサイトも参考にしてください。

ヘアドネーションで髪を寄付するとき嫌がられないための注意点 : おち研
ガン患者さんのために髪を寄付するヘアドネーション。過去に何度かやって失敗も経験しているので、自分なりの注意点をまとめておきます。

大人の世界ではこれを「丸投げ」といいます。



まとめ

子供に大人気のフィッシャーズが、「ヘアドネーション」という活動の存在を知らせてくれたことは、大変有意義で意味のあることです。

心機一転、髪をバッサリ切ってしまおうと思ったときに、この「ヘアドネーション」のことを思い出して欲しいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました