スポンサーリンク

毎日の料理を変える?アイリスオーヤマのセラミックカラーパンH-CC-SE13で料理を楽しく華やかに

セラミックカラーパン
スポンサーリンク

取っ手を外せるアイリスオーヤマのKITCHEN CHEF セラミックカラーパン H-CC-SE13 を紹介します。

豊富なカラーバリエーションで、毎日のごはん作りが楽しくなりますよ。

こんな人に読んで欲しい
  • キッチンを眺めるのが好きなひと
  • 毎日使う道具には、お気に入りのものを使いたいひと
  • コンパクトに収納できるフライパンを探しているひと
スポンサーリンク

お気に入りの道具を使うのは楽しい

休日等はよく妻のショッピングに付き合わされます。

付き合わされるなんて言い方をすると怒られそうですが、私にとってはまさしくそうなのです。

男女の違いか、私と妻の個人的な差なのかわかりませんが、私はどちらかというと買うものを決めてから実際に買いに行くような性格です。

そして実用性を重視するので、スペックなどもじっくり調べます。

なので衝動買いはほとんどありません。

ぶっちゃけ買いたい商品がそこにあれば私の買い物は数分で終わります。

一方妻は下調べは十分しているようですが、その上でさらに実物をみて、同じようなものと比較して、うんうん考えて…

あっちの店に行って、さっきの店に戻ってって・・・

ほら、付き合わされてるでしょ?

最近になって妻が調理器具を選ぶときによく言っているのが

ママ
ママ

自分が使って楽しいモノじゃないと、嫌だ!

抽象的でよくわからないけれど、使ったり眺めたりしてときめかないものは、あかん!

ってことのようです。

確かにその気持はよく分かる!

マキタの工具があればスゴイものが作れそうな気になるモン。

長く使うものは愛着が湧くものを選択したほうが、その後の楽しみが何倍にもなります。

そんな妻が喜んでくれそうなもの見つけちゃいました。

それがこちら、アイリスオーヤマの KITCHEN CHEF セラミックカラーパン H-CC-SE13 です。

アイリスオーヤマのセラミックカラーパンはここがすごい!

アイリスオーヤマの KITCHEN CHEF セラミックカラーパン H-CC-SE13 のすごいところを3つ紹介します。

POINT1 セラミックコーティング

セラミックの遠赤外線効果で、中火以下でも食材の芯までしっかりすばやく火が通ります。

すばやく火が通るから時間短縮になります。

「セラミックカラーパン」と「一般的なフッ素加工フライパン」の焼き比べ◆

セラミックカラーパン ハンバーグ比較ver.
Iris Plaza

「セラミックカラーパン」の方は中までしっかり焼きあがっています。

また、食材がくっつきにくく、汚れもこびりつきにくいので、お手入れも簡単!

POINT2 丈夫で長持ち

セラミックカラーパンはアルミダイキャスト&厚底設計で熱変形に強く、軽くなっています。

IHの場合底面がそったり、変形すると認識すらされなくなるので、底が厚いセラミックカラーパンは安心です。

また、セラミックコーティングの調理面は丈夫で長持ち。耐摩耗性試験70万回をクリアした品質です。

POINT3 取っ手を外せる

ロックを解除するだけで取っ手が簡単に取り外せます。

付属のシリコン製のふたをして鍋のまま冷蔵庫で保存することも!

取っ手をはずしてそのままオーブンへ入れることもできます。

使わないときは取っ手を外して、鍋やフライパンは重ねて収納できるので場所を取りません。

セラミックカラーパン これはやってはいけません

セラミックコーティングならではのポイントがあります。

長く使うためには以下の点に注意が必要です。

中火以下で使用する

熱まわりが良いため、焦げ付かないように中火で使用する

必ず油をひいて使う

調理面全体に油をひいて使用する

特にはじめて使用するときは多めにひき、十分なじませてから使う

急な冷却は避ける

調理後すぐに水をかけるなど、急に冷やしてはいけない

選べる7色のカラーバリエーション

選べるカラーは

  • ピンク
  • ブルー
  • ベージュ
  • グレー
  • レッド
  • オレンジ
  • ブラウン

と7色あります。

お気に入りのカラーがきっとあるはずです。

13点セットのセット内容を紹介

セラミックカラーパンセットは現在以下の5つのLINE UPがあります。

ここでは13点セットのセット内容を紹介したいと思います。

自分用にあるいはプレゼントにいかが?

お気に入りのカラーで毎日の料理を楽しく、そして食卓も華やかに!

それを実現してくれるのはアイリスオーヤマのセラミックカラーパンです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました