2020年6月6日カレイを求めて増毛港と留萌港へ!イワシ1匹とさんざんな結果に…

ガヤ
スポンサーリンク

2020年6月6日またまた釣りに行ってきました。

今回は増毛港と留萌港です。

子供たちもママも釣りにハマったようで、釣りに行きやすくなりました。

でも、今回はかなり厳しい結果に…

釣りは難しいのう。

そもそも6月は何が釣れるんだい?

釣りをはじめてから、家族がそれぞれツイッター・インスタグラム・You Tube・ブログなどで釣りについて調べるようになりました。

  • どんな魚が釣れるのか?
  • どこで釣れるのか?
  • どんな仕掛けがいいのか?
  • エサは?

などなど…

各自調べたことを発表して、良さそうなところに狙いを定めて行こうとしているのですが、6月に関してはよくわからない、、、

ちょうど狭間はざまの時期なのかしら?

とりあえずカレイを狙って、あわよくばホッケもいないかなあと期待して釣りをすることに。

わたしはひそかにヒラメを狙っていたんですが…

まずは増毛港に イワシ他 小物がチラホラと

まずは増毛港に行きました。

この日は天気予報で気温が上がらないことは知っていたけれど(最高気温で13℃くらい)、風も強くて非常に寒い。

風を避けるために漁協前で試しに始めることに。

他に人が全くいなかったので変だなと思いつつ始めると、謎の根がかりが頻発ひんぱつ

下の地形どうなってんの?

道理でひとがいないのね。

覚悟を決めて場所移動することに。

増毛港

水色の丸のあたりで釣りたかったけれど、風の強さにビビり赤丸のあたりではじめました。

ホッケのシーズンにはひとがいっぱいいたこの場所も、6月はさすがにひともまばらに。

他の釣り人の様子をみてみるとカレイ狙いのようです。

この日の仕掛けは

長女

ダイソーのサビキセット

サビキセット

これプラス「アミ姫

ママと次女

カレイの仕掛けプラス「イソメ

カレイの仕掛け
パパ

ヒラメ狙いでメタルジグ・メタルバイブ他いろいろ

メタルジグ
メタルバイブ

手短に結果から…

パパ・・・あたりなし

あちこち投げてただ巻きストップアンドゴーを繰り返すもまったくあたりなし。

ママ次女・・・小さいカレイのみ

ママと次女はまだ遠投ができないので、投げても近場にボチャンと落ちるだけ。

イソメを食べられている様子もなかったので、近場に大物はいなかったみたい。

カレイ

型が小さいのでリリース。

長女・・・ひとりだけなんか楽しそう

アミ姫の集魚力はハンパなかった。

ガヤ

ガヤの5連星…

カジカ

よくわからない魚、カジカのこども?

よくわからない魚

これもなんなの?青光している。

他にイワシも釣れていました。

食べられそうなのはイワシくらいだけど…

アミ姫に群がるガヤたち 2020年6月 増毛港にて

食べられない魚ばかり釣っていてもしょうがないので、カレイを求めて移動することに。

困ったときの留萌港

あちこち釣り場を探すものの、この日は寒い&風が強いとファミリーには厳しい条件。

困ったときは建物である程度風を防ぐことができる、留萌港へ!

ホッケのシーズンは完全に終わってしまったのか、人影はまばらです。

ここでも長女はサビキ、ママ・次女はカレイ狙い、私はヒラメを狙って釣りをはじめます。

寒さのせいか、釣れないからか長女とママは車の中で待つことが多くなりました。

まあ、車をすぐ近くに停められるのも留萌港のいいところ。

私と次女はがんばったけれど、全然あたりなし。

それでも私たちの隣で釣りをしていた年配の方が、良い型のカレイを釣り上げていました。

ジグをただ巻きしながら、その方の様子をみていてわかったことは、

  • 一投入魂でひたすら遠くに投げる
  • あとはじっと待つ

ボチャンと近くに投げて、待ちきれずにすぐ巻き上げてしまう次女とは大違いです。

そして良い型を釣り上げたあとも「もう一枚ほしいなぁ」と言って、またまっすぐ遠くに投げていました。

私たちは寒さに体力と気力をもがれ、早めに帰り支度をすることに。

その帰り支度のさなか、隣の年配の方はまた良い型のカレイを釣り上げるんです。

有言実行、あきらめない心、先輩から学んで帰路につきました。

まとめ

まともに食べられる釣果はイワシ1匹とさんざんな結果に…

ただ、メタルジグを引き上げる直前、それを追ってきているでかい魚の影がみえたので、一縷いちるの望みはありそうです。

あまったイソメは北のロッキーさんの動画を参考に「塩イソメ」を作りました。

塩イソメの作り方ならこの動画で決まり!最強の塩イソメ!投げもロックも!

これを使って早くリベンジしたいなぁ。

コメント