スポンサーリンク

インカメラでもキレイに自撮り!!サンワダイレクトのインカメラライト200-DG013で盛れる写真を!

インカメラライト
スポンサーリンク

スマホに取り付けてインカメラでの撮影を補助してくれる、サンワダイレクトのインカメラライトを紹介します。

自撮りはもちろん、暗いところでの撮影で活躍してくれますよ。

こんな人に読んで欲しい
  • 自撮りを明るくキレイに撮りたいひと
  • 暗いところ、室内での撮影をきれいに見せたいひと
スポンサーリンク

写真や動画には「あかり」が大事って話

ライト

写真をよく撮っている方ならわかるはずです、撮影の時、明るさ、あかり、光源などといったものが如何いかに大事か!

一例としてデヴィ夫人の会見の様子を・・・

デヴィ夫人、48年間で体重増加わずか3キロ 秘訣は「食べたい物を我慢する努力」 『ジェンガラ・デヴィコレクション』発売記念記者発表会
oricon

自分の顔にマイクの影が映るほど、下からライトで煌々こうこうと照らされています。

デヴィ夫人年齢は78歳です。

ライトの効果でしょう、肌は白くシワも目立ちません。

お手軽でスゴイ効果です。

某有名女性シンガーのマライア・キャリーも同じような感じでした。

来日の際、テレビのインタビューをソファーに寝そべって答えていたのですが、そのときも下からライトを浴びていました。

ジャバザハットばりの寝そべり方でしたよ。

※ジャバザハット参考画像

つまり、ライトをうまく使えば見せたくないところを隠して、自分をよく見せることができるんです。

おすすめなのはサンワダイレクトのインカメラライト200-DG013!

少ない手間で大きな効果を得られます。

スマホのインカメラを使うときは、このライトがあれば写真がグレードアップしますよ。

取り付け方は2通り クリップで取り付け、またはオーディオジャックに取り付ける

スマホへの取り付け方法は2通り

  • クリップで取り付け
  • オーディオジャックに取り付け

オーディオジャックがついていないiPhoneにはクリップでの取り付けで対応できます。

自撮りだけではなく、様々な場面で使えます

常時点灯式なので見たままの印象で撮影できます。

仕上がりをイメージしやすいですね。

ライトの明るさは2段階に調整できるます。

フラッシュのみで光量が足りないとき

LEDをプラスして、より明るくきれいな仕上がりに

フラッシュを使うと、不自然に光ってしまうとき

LEDのみを使用して、自然な明るさに仕上げる

乾電池いらずの充電式で持ち運びに便利

microUSB充電式なので電池交換の必要がありません。

フル充電まで・・・約30分

連続使用  ・・・約40分

これなら、出かける準備をしている間に充電は終わりそうですね。

また、手のひらにのるコンパクトサイズだから持ち運びに便利。

いざというときに、すぐそばにないと意味がないですからね。

盛れる写真が撮れるかもよ!?

  • 光量が不足している時の自撮り
  • 室内での撮影
  • 夜間・暗所での撮影
  • 食べ物の撮影
  • オークションやフリーマーケットの出品用の撮影

様々な場面で手軽に利用できます。

使い方はアナタ次第!

コメント

タイトルとURLをコピーしました